便秘が起こってしまう原因とは?

どうしたら便秘解消できるの?

 

便秘が続くと、何となく気持ちが沈んでしまいます。
体調面でもお腹が張って苦しいとか、吐き気などの不快感が現れたりします。

 

便秘の症状が深刻であればあるほど、解消法を色々試してみても効果が得られなかった方も多いかと思います。
便秘の解消法を模索することはとても大切なことですが、それと同じくらい重要なのは「便秘の原因は何なのか」と追及することです。

 

そのヒントはあなたの生活スタイルの中にきっと隠れているでしょう。

 

便秘が起こる原因

運動らしい運動をしていない...

長期入院などで、ベッドから出ることさえできなかったという経験をした方はいるでしょうか。
体を動かさなくなると、内臓の働きを促す副交感神経の活動が低下してしまうため、便秘を引き起こしやすくなります。
副交感神経は体がリラックスすると活発になるのですが、運動をしない体は疲れが取れずに常に緊張した状態になってしまうのです。副交感神経が正常に働いていないと、夜の睡眠にも影響するので、適度な運動で体をほぐしてあげることはとても大切なのです。
また、女性に多いのですが、腹筋が弱いと便秘の原因になります。
これは、踏ん張る時に、腹筋がなければ力を入れることができないためです。
運動と言っても、ジムに通ってがっつりやるという感じではなく、まずはウォーキングやストレッチから始めてみましょう。

 

水分はあまり摂らない...

水があまり好きではないとか、忙しくてつい水を飲まずに過ごしてしまうという場合、便秘になりやすい体質を自分で作っていることになります。
水分が足りないと、体は老廃物をため込みやすくなってしまう上に、便が固くなってしまい、痔の原因にもなってしまいます。
1日2リットルの水分補給を心がけましょう。
ちなみに、水分補給はビールでは補えません!
ビールは逆に水分を奪ってしまうので、お腹がたぷたぷになるくらい飲んでも水分補給にはならないのです。

 

ストレス発散が上手にできない...

ストレスが蓄積されいくと、血行が悪くなってしまい、内臓の働きの妨げになってしまいます。
また、自律神経もバランスを崩してしまうので、便を排出するために必要な腸の蠕動(ぜんどう)運動に異常を来たしてしまうのです。
ストレスを感じることは仕方ないですが、その日のストレスはなるべくその日で解消できるよう自分のためのリラックスタイムを作ってあげることが大切です。
4)冷え性なんです...
冷え性と便秘はセットで起こりやすい症状です。これは冷え症により血行が悪くなり内臓の機能が低下してしまうからです。
冷え性の改善は運動・入浴・食生活などを見直すことが重要です。